トップ 全ての商品 未分類 > ブルンジ・ヤンダロ/200g

ブルンジ・ヤンダロ/200g

クリックで画像を表示


焙煎[●○○○○]/浅煎り
ヤンダロCWS
Cuppers Exchange Burundi 受賞
国際品評会入賞ロット。りんごやマスカットのような香りと酸味。柔らかい口当りとしっかりとした甘み。
 

国際品評会「Cuppers Exchange Burundi 2016」第6位入賞ロット
COEと同じ採点基準で品質は折紙付。りんごやマスカットのような香りと酸味。柔らかい口当りとしっかりとした甘み。

【生産国】ブルンジ共和国
【精製所】ヤンダロCWS
【責任者】セレスティン・ンタヒラジャ
【エリア】カヤンザ
【標 高】1,774m
【品 種】レッド・ブルボン
【精 製】フリーウォッシュド

<ヤンダロCWS>
ブルンジの高品質なコーヒー産地は北部に集中しております。その中でも最も優良な産地として名高いのがカヤンザとンゴジ。ヤンダロCWSは、そのカヤンザの西北部に位置しております。
ヤンダロCWSは、清流な川沿いに位置しており、以前は牛飼いがこの川まで牛を連れてきて、安全な水を飲ませていました。そして牛飼いたちはこの場所に数日間滞在し、その年の最高の牛を決める闘技会を毎年行っていました。そのためこの川は、現地のキルンディ語で「リゾート」という意味の“ヤンダロ”と名付けられました。
ヤンダロCWSで生産処理されたパーチメントは、“ギテガ”と呼ばれるドライミルに運ばれます。ギテガは国内でも最大手のドライミルで、しっかりとした管理能力が評価されております。
ヤンダロCWSはブドウ、アプリコット、プラムなどを思わせる特有の風味が特徴で、これまでのCOEの品評会において、何度も上位にランクされております。「Cuppers Exchange」というプログラムは、COEが行われない2016年においても生産者の高品質コーヒー生産への意欲を途切れさせない為、ブルンジコーヒーの販売促進と行う「Intercafe Budundi」とACEがタイアップして行われた品評会です。COEと同様のプロトコルを採用しており、その品質の高さは裏付けされております。

この機会にぜひお試しください。

価格:1,600円
注文数:


お問い合せ  |  特定商取引法に基づく表示